Foz do Iguaçu

フォスドイグアス(FOZ DO IGUAÇ)市は、南緯25度32分、西経54度35分のパラナ州最西端に位置し、パラグアイのシウダーデエステ市及びアルゼンチンのプエルト・イグアス市と国境を接している。州都クリチバ市からは西方約640km、パラグアイの首都アスンシオン市から約320km、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス市から約1,350kmの距離にある。また、海抜は192mである。世界3大瀑布で有名なイグアスの滝があるイグアス川は、海抜908mの州都クリチバ市を水源にして州南部を西方に約1,300キロメートル下流しフォスドイグアス市内のイグアス国立公園でイグアスの滝を落下して更に18キロメートル下流でパラナ州西部を南方に流れるパラナ川と合流、合流地点の対岸はアルゼンチン、パラグアイで3国国境地帯を形成している。

Fonte: emb-japan.go.jp


 

 

 
 

 

戻る