イグアス国立公園。
イグアス国立公園に入ると、ふかい 亜熱帯の森が公園のゲートから 滝まで11km森の中を車ではしり、 
ラッキーでしたらとちゅうでいろいろな動物に出会えることもあります。国立公園は、18万ヘクタールの森の中で、アナグマと呼ばれていますが、こちらでは ククワッチーと結う(アライグマの仲間)が家族で移動しているのも見かけます、または、しか、アルマジロ、いのしし、おさるやピユーマなどが住んでいます。 
動物以外に鳥、こんちゅう、爬虫類などもいます。 
植物の汁意でも やく2000汁意の植物があり、中には、まだ知られていない植物も在るそうです、84汁意の野生のランが春とは限らず色々な花を見せてくれます。 
しぜんを楽しみながら滝へ。 
世界三大瀑布世界三大瀑布に教えられる。アフリカ力南部のビクトリア滝と、北米のナイアガラ滝とともに、世界で最も大きい滝のひとつです。 
イグアスの滝は、逞しく、すばらしい、または、自然の怖さも教えてくれます。275個の滝が一秒も休まず75mの 落差でしぶきを上げながら落ちています、イグアスの味がよく分かります。 
インデアンの言葉ではイグアスは大きい水と結う意味です. 

水源地から全長1390kmのイグアス川、パラナ州だけの川、この川のために出来た国立公園,1939年に国立公園となり、1986年には、世界遺産にとおろくされました。 
世界中の観光客がおとずれイグアスの滝は、はばとしては世界一の滝です。

 

 

 
 

 

戻る