イタイプ発電所
ブラジルとパラグアイの国境パラナ川の造られたイタイプ発電所は,両国の共同事業で世界最大の出力を誇る水力発電所である。1975年に着工,1991年に開始した。 

ダムの長さは,7700メートル,高さは最高196メートル ,貯水量2010億立方メートル,水の排出量は毎秒58000立方メートルあり,イグアスの滝の約30倍の排出量に当たる。出力70万kw / 時 の発電機が18基すべて作動すれば,1260万kw / 時の発電が可能となる。 
イタイプ環境保護。 

プロジェクトが予想された時ブラジル、またはパラグアイに関連した環境の規則がなかったが。主要な心配は環境問題がきちんと演説するべきであることだった。[ 

実際は、これは重大な、プロジェクトです。その次元は、および植物およびローカル人口に影響を与えます。そのような影響は、プロジェクトの有害な効果を最小にします。 

プロジェクトの利点を高めるために適切な手段が実行した。両方の時機を得ることができるのは注意深く査定されなければならなかったからである。 

池が出来る前に、特別な関心は回復し、歴史的興味の材料を維持し、文化的な記憶を保護し、そして自然な生態系を保護することに与えられました。 

現在、イタイプはまだ遂行の環境保護プログラムに損なわれた区域を植林して森林を再生させます。そして、水の質の保存するために、巨大な努力そして重要な量を捧げている。 


パノラマコース: 発電所の外部施設を見学します。 

コース内容: ドキュメンタリー映画鑑賞の後、専用バスで出発します。途中、ダムが一望できる中央見晴らし場で10分ほど停車します。そこでは、発電所についての簡単な説明を聞きながらダム全景を見ることができます。再びバスに乗り、堤防を走ります。発電所の都合によっては、もう一度停車できることになります。 

予約の必要はありません。 

出発時刻: 毎日次の時間に出発します。 

午前: 8時、9時、10時、11時、12時 

午後:  13時、14時、15時、16時 




スペシャルコース: 発電所の外部および内部施設を見学します。 

コース内容: 特別室でのドキュメンタリー映画鑑賞の後、マイクロバスに分乗し、添乗ガイドと出発します。途中停車し、外部施設(中央見晴らし場、コッタ225、ダム提体コンクリート内部)や内部施設(管理棟、タービン軸、発電機ギャラリー)を見学します。質問などがあれば、添乗ガイドが詳しく説明してくれます。尚、より良いサービスのために、コース1回の定員は25名となっています。 

出発時刻: 毎日次の時間に出発します。 

午前: 8時、8時30分、10時、10時30分、 

午後: 13時30分、14時、15時30分、16時 



金曜日と土曜日のみ次の時間に出発します。 

午前: 8時、8時30分、9時、10時、10時30分、 

午後: 13時30分、14時、15時、15時30分、16時 

注意事項: 当コースは14歳以上の方のみ参加できます。予約が必要です。

 


 

 

 
 

 

戻る