アルゼンチン側の滝観光
イグアスの大滝は、イグアス河とパラナ河の合流地帯で現在フォズ.ド.イグアスと称せられ地域で、1億5千万年前に発生したとされております。 

イグアス大起因は、現在のイグアス河の河床地層に亀裂が生じ、80メートルの断層により滝が発生し、その現象は現在ガルガンタ.ド.ヂアボ(悪魔の喉笛)より23キロメートルの地点で起こりました。 

この地域内にアルゼンチン側の“パルヶ.ナシナル.イグアス”があり、アルゼンチン国内で動植物の種類が最も多く保存されている地帯ですが、その内の殆どが現在では消滅状態にあります。

 

 

 
 

 

戻る