バード・パック
フォズ・トロピカーナ鳥類公園は、イグアス国立公園の近くの天然森林内に、17ヘクタール設置されてあります。 観光客は、舗装されてジャングルの中の細道を約1000メートル歩き、森林と完全に溶け込んで小鳥が多く飼育されて居る場所に到着致します。 鳥類を飼育している囲いは8メートル余りの高さのものがあります。 

囲い内に立ち入る事は許されて居り、オオハシ、コンゴウインコ、小形インコ等熱帯鳥類に直面することも出来、終生忘れられル事の出来ない思い出となります。ブラジルの鳥類の勉強と同時に、写真を写す良い機会を与えてくれます。 

現在では、180種類の鳥類が900羽います。ほとんどがブラジル原産の鳥類すが、アフリカ、アジア、オーストラリアの鳥類も飼育されています。自然保護教育・研究・保護知識など、認められた活動が行われています。


 

 

 
 

 

戻る